Googleイベントトラッキングがうまくいかない

6月はほぼ半分仕事をせず、休んだり人生について考えたり休んだりしていました。
一年に一回、この時期の年中行事です(いわゆるダウンというやつ)。
あとはそれとあわせて視野を広げるために旅に出ていました(大義名分)。

さて、何かと便利な今回Googleのアナリティクスについてです。
お客さまから、クリックイベントを計測したいとのご依頼をいただいたので
検証用のURLでトラッキングコードを取得してテストしてみました。
計測されているもの確認できたので、いざ!本番環境に実装してみると
「イベントが取得できていないんですけど…」とのこと。
アナリティクス超苦手なので、誰かウソって言って状態でした。

トラッキングコードとイベントの記述が一致していないのが原因

結論から言ってしまうと、取得したトラッキングコードと、クリックイベント用の記述にバージョンの違いがあったので、上手く取得できていなかったようでした。
え?バージョンの違いって?トラッキングコードて書き方全部一緒じゃないの?

トラッキングコードのバージョンとは?

トラッキングコードは、Urchin同期トラッキングコード非同期トラッキングコードユニバーサルアナリティクスの4種類あります。
公開された順番は、Urchin → 同期 → 非同期 → ユニバーサルアナリティクスなので
最新のものはユニーバサルアナリティクスですね。
もちろんですが、それぞれで記述の仕方が異なります。

もしやバージョンによってイベントトラッキングの記述も違う?

上記で挙げたうち、同期・非同期・ユニバーサルアナリティクスの3種類ではイベントトラッキングが使えますが、やはりそれぞれ記述の方法が異なります。
トラッキングコードが同期型の場合には、イベントトラッキングも同期型の記述を使わないとダメなんですね。

わたしの場合、非同期トラッキングコードに対して、ユニバーサルアナリティクスのトラッキングイベントを使っていたのが原因でした。
traking

じゃあどのトラッキングコードを使ったらいいの?

ユニバーサルアナリティクスがリリースされたのは2014年4月なので、やはり最新のものを使うのがいいと思います。
以前のものだとうまくイベントが取れないなど、予期しないトラブルも起こるかもですし…
なので、イベントトラッキンコード自体を、早めにユニバーサルアナリティクスにするのが良さそうです。

こちらのサイトさんでとってもわかりやすく解説されているので、ぜひご覧くださいませ!